So-net無料ブログ作成
検索選択
ミシン購入記 ブログトップ

ミシン購入記 ~新兵器導入編~ [ミシン購入記]

さて、迷いに迷ったミシン選びも最終局面です。
(詳しくは前記事参照)


希望の機種を2,3個に絞ったまでは良かったのですが、そのうちのどれにしようかで迷い、
またどの店で買うかも迷いました。
近くの家電量販店や手芸店では小さな機種が多くて、私が希望する大きな機種を取り扱いしていません。
残された選択肢は

・ネットのミシン専門店での通販
・最寄の(といってもちょっと遠い)ミシン専門店の実店舗で購入 (←頑張って探しました)


ネットの販売は人件費やテナント料があまり含まれていない分安いです。
が、輸送や支払いのトラブルがないとは言い切れませんし、なにしろ店舗がネット上ということで
後々のメンテに不安が残ります。
(買った後でネット上から店舗が消えてたー・・・なんてあったら困るし)

その点、実店舗だと値段は少々お高くなりますが、購入前にじっくり触ってみたり説明を直に聞けて
後のメンテも保障済みです。



結局、最寄の(といっても車で下道を1時間半w)ミシン店で買うことに決めました。
決め手は、問い合わせたときに店長さんに

「あー、○○は耐久性がないよ。××は随分前の機種だねぇ。
 お客さんならコレがお勧めだよ。これはいい機種だから!」

と、私の2週間の迷いをあっという間に解決してくれたから。(笑)





長々と書き続けましたが、往復3時間かけて(苦笑)我が家にやってきた新兵器をいよいよご紹介~。


P1020222.jpg

ブラザー社製 アデッソⅡ
(またの名を フェリエⅡ/ミュールⅡ/アセンティⅡ/シャリオⅡ/アニュドールⅡ
 ・・・別名多すぎぢゃない?w)


フットコントローラー標準装備、縫い目調整可能、針停止位置設定可能と希望していた機能は
全部ついてます。
そのほか、送り歯が7枚あって、付属でウォーキングフット(布送りを補助する道具)をつけると
伸びやすいが故に縫いにくいといわれるニット地もスムーズに縫えます。
(実際に試しましたが、かなりスムーズに縫えます!ニット縫いたい人にお勧め!!)




P1020223.jpg

液晶パネルが、私の見たミシンの中で一番大きくてみやすかったです。
ボタンも大きくて操作しやすいですよ。
ボタンホールだけでも数種類あって、自動でボタン穴かがりが出来ます。
「ボタンホールがほんとに簡単でキレイに出来るのよ~♪」
と手芸店のおばちゃんが賞賛してました。 (←アデッソⅡのユーザーさんだそうですw)
自動糸きり機能は、あってもなくても・・・と思ってましたが、細かいものを何枚も縫うときなどは便利でした。




P1020224.jpg

横長の上蓋をパカッとあけると上糸が出てきます。
上も下も、糸をかけるのがとっても簡単です。
昔の家庭科で使っていたようなミシンに比べたら、あまりの簡単さにビックリするかも・・・です。

作業スペースも広くて使い勝手がいいですが、さらにエクストラテーブルという補助台も標準装備されていて
洋服を縫うのに重宝してます。
スペースの広さを伝えるために糸を並べてみましたが・・・・・伝わりにくい?!^^;




前に使っていたミシンと同じブラザー社製に落ち着いたので、ボビンなどの備品もそのまま使いまわす
ことができました。
いざ使ってみたら、小さいミシンより便利で使い勝手がいい印象です。
これから購入を検討されている方で、小さいのと大きいので迷っている方がいたら、断然大きいほうを
お勧めします。




以上、長くなってしまいましたが私のミシン購入レポでした。
ミシンに迷い悩む方の、またはいずれ購入を検討されている方の、少しでも参考になればいいなぁと思ってます。^^




kiyob2.gif

久々、きよぶたバンジー!!





・・・・・・・お値段は、希望小売価格の半値以下にしてもらえましたが、それでも私には大バンジーでしたw
タグ:ミシン購入

ミシン購入記 ~ミシン探し編~ [ミシン購入記]

長年愛用していたミシンが壊れ、いよいよ本格的にミシンを探すことになりました。
(詳しくは前記事参照)

我が家の労働担当大臣であるはるまきパパ氏に相談したところ

「どうしてもいるの?・・・・・んじゃ、買えば?」

と、あっさり購入を承諾してもらいました。が、

「近日中に見積もり提出すること。2社以上の競合が条件。
 もちろん、ネットでの底値も報告すること」

・・・・・・・・・・・頑張ります。(T_T)




自分の欲しいもののためなら頑張れる子なので(笑)、早速ミシンを売っているお店に行って
パンフレットでも手に入れてこようかと思いました。
が、ここで気がつく・・・・・・・・ミシンって、どこで売っているんだっけ?

パッと思いつくのが、家電量販店や手芸屋さん。
”ミシンの専門店”というのも存在するのは知っていますが、すくなくとも我が家の近くでは
お目にかかった覚えがありません。
とりあえず、近所の家電量販店と手芸屋さんをめぐってみることにしました。




まず、ミシンを選ぶ前に自分の使用頻度と使用目的を明確にする必要があります。
それがはっきりすると、おのずと機種が絞られてくるのです。
私の場合は、子供服や鞄などの小物を作ることが多いです。
いずれは大人服ももっと作ってみたいし、今まで使っていたコンパクトミシンでは縫いにくかった
ニット生地もガンガン縫ってみたい、という野望もあります。(笑)
使用頻度も、多いときは週に2,3回と多めです。


ここでミシンの解説を。(←ネットで調べた受け売りですが)
一口にミシンといっても、沢山の種類があるのです。
家庭用では電動ミシン、電子ミシン、コンピューターミシン(刺繍用含む)。
あと、職業用に工業用と、別格でロックミシンなんてのもあります。


私の希望としては・・・・・

●自動糸調子機能がついている (←上糸と下糸の調子を自動で調整してくれる)
●フットコントローラーが使える
●縫い目の幅や長さが変えられる (←服を作るときに便利)
●針停止が上と下で切り替えられる (←無いと何かと不便)
○刺繍機能はいらない・・・・ステッチ程度ならあってもいいけど
○縫い目の模様の種類は多くなくてもいいけど、ニット用の縫い目があるといいなぁ~
○ボタンホールが楽に縫えるとうれしいなぁ~


黒丸は絶対に外せない条件。
白丸はあくまで希望だけど…まあ。値段によっては妥協ってことで。^^;


ミシンは大きさによっても呼び方が変わってきます。
小さいものはコンパクトミシンで、主に電動・電子制御のものが多いです。
大きいものはフルサイズミシンといって、コンピューターミシンが主にコレ。
もちろん中間層のレギュラーサイズというのもあります。

車で例えるなら、コンパクトミシンが軽自動車で、フルサイズミシンは普通車。
今まで使っていたコンパクトミシンは重量4~5キロ、収納もしやすかったのですが
スピードを上げて縫おうとすると軽すぎてミシンががたつきます。
軽自動車で高速を走ると、回転数が上がり過ぎてエンジン音がうるさいのと一緒ですね。
フルサイズ(8~9キロ)だと、モーターがしっかりしているというのもありますが、重量がある分
高速で動かしてもミシンがグラグラしないんです。
頻繁に使うようになり、高速でも静かに安全走行したくなった私は(笑)、フルサイズミシンを
選ぶことに決めました。


ちなみに、電子や電動ミシンでは針の上下停止を選べません。
縫い目の幅も調整できません。 (←↑出来るのは、コンピューターミシンのみ)
そんな点からも、やっぱり『コンピューターミシン・フルサイズ』に狙いを定めました。ロック・オン!





そんな感じで、鼻息荒く手芸屋さんや家電量販店を巡りましたが・・・・・・・・・・
どこもフルサイズミシンの取り扱いが少ない。(T_T)
主流は値段も大きさも手ごろなコンパクトミシンなんですね。
コンピューターミシンがあった、と思えばそれはレギュラーサイズか刺繍用のミシン。
・・・・・・・・・私にはミッ○ーやプ○さんの刺繍機能はいらないんだけどな。^^;;;



こうやってミシン巡りをしていくうちに、ミシン販売には他の家電にはあまり見られない大きな特徴が
あるのに気がつきました。
一つ目は、販売店や販売地域によって同じ機種でも名前がまったく違うこと。
外見を少し変えたり、ステッチの種類を少し変えただけでオリジナルブランドとして販売されてます。
(他の家電でもたまにあることなのでしょうが…)

なので、ミシンのカタログを見ながら
「あれ、コレよく見たらコッチのカタログのミシンと色違いなだけ?!?!」
と迷うことがしばし。
消費者としては、名前を統一してもらったほうがわかりやすくて嬉しいんですけど・・・・・・・ (-_-;)



そして、もう1つの特徴。
それは、実店舗での販売とネット販売に大きな隔たりがあるということ。
どうやら、どこのメーカーでも新しい機種はネット上で販売しないように規制をかけているようなのです。
なので、ネット上で見られる人気の機種は、実店舗ではだいぶ前から販売、または販売終了したような
機種が多いようです。
他の家電と違って、ミシンは数年前の機種でも新しいものを変わらなかったり、逆に優れているなんて
物もあるようなので、問題はないのでしょうが・・・・・
新機種の価格の大幅下落を防ぐための対策なのですかね?
なので、ネットでよくある『人気機種ランキング』なんてのは、ミシンに限ってはあまりあてになりません。
なぜなら、それは数年前の機種の人気ランキングなのですからね。


近所の家電量販店や手芸店ではパンフレットすら少ないフルサイズミシン。
ならば、とネットでミシン専門店をさがし、パンフレットを取り寄せることにしました。

「ネット上に記載できない機種(値段)をメールでお教えします」

と、ここには書けないことを色々教えていただき、にわかにミシンの勉強をするはるまきママ。^^;
いやぁ、ミシンって奥が深い。




右往左往している間に、あっという間に2週間近くたってました。
はるまきパパに「いーかげんに決めろよっ!!」と後押しされ、バンジーしたミシンは・・・・・

長くなったので、次に続きます。
タグ:ミシン購入

ミシン購入記 ~きっかけ編~ [ミシン購入記]

活動再開を臭わせながら、10月は1回しか更新しなかった『はるまき工房』。
育児や家事におわれて、ぬいぬいチクチクできなかった・・・・・訳ではございません。
むしろ、新しいミシンが来てからというもの、以前にもましてハイペースで縫っております。
特に今、寒くなってきて”はおりもの”が欲しいだの、ベスト的なものが欲しいだのと
連日縫いまくってます。
縫うのに忙しくてブログを更新する時間がない、といった感じです。^^;;;



作ったものたちを徐々にアップしようかとも思うのですが、その前に。
せっかく新兵器(=ミシン)を購入したので、その購入記を綴ってみたいと思います。





*******************************************





まず、購入のきっかけ。
以前にも書きましたが、今まで使っていた7年もののミシンが壊れたためです。

そもそも、最初に我が家にミシンを導入したのは、結婚を機に仕事を辞めて専業主婦になってから。
「どうせ家にいるんだから、作れそうなものは自分で手作りしようかなぁ~」
と軽い気持ちで、電気屋さんにいって
「これくださ~い」
という調子でミシンを購入。
当時で2万円ほどした、ブラザー社製の”コンパクトミシン”でした。

ブラザー社のを選んだのは、実家で使っていたミシンがブラザーだったから。それだけ。
手芸自体は嫌いではなかったものの、10年近くミシンに触ったことがなかった私。
ミシンに対する知識なんてあるはずもなく、
『ミシンなんて、直進縫いとジグザグ縫いができればいいんでしょ~?』
ぐらいの気持ちでした。



そんな感じで買ったので、最初の頃はさほどミシンの登場機会もさほどなく、たまーに雑巾や袋物を縫う程度でした。
その後ムスメが生まれ、ムスメのものを作り出したらどんどんと裁縫にはまっていき、気がつけば
ここ数年では週に1度以上はミシンに触っている生活。
まあ、人間ってかわるもんですね~。


そして今年9月、いつものように縫っていたのですが、突然直進縫いで針目が飛ぶようになりました。
慌てて説明書を広げ、釜の中を掃除をしたり、糸をかけなおしたり、針を交換してみたけれど直らず。
直したいけれど、購入したのが転勤で引越しする前のことだったし、保障期間も遠くの昔に切れてます。
PCでミシンの修理やさんを探し、メールで見積もりをしてもらったら

「輸送費別で、1万5千円前後はかかるかと思われます」

・・・・・・・・輸送費込みだと、ミシンの購入代金と同じぐらいのお値段になるんですね。(T_T)


色々とネットで調べてみると、コンパクトミシンというのは大きなサイズのミシンと比べると、
部品を軽量化するあまりに壊れやすくなっていたり、部品交換がしにくい場合が多いとのこと。
つまり、しっかり直せるかどうかもわからないし、直ったとしても他の部分も劣化している可能性が
あるため「直せばまだずっと使える!大丈夫!」・・・・なんて保障はないようです。



ならば、修理費を出すよりも、もう少し頑張って新しいミシンを買ったほうがいいではないか!
ということになったしだいであります。


ちなみに、小さなミシンでも大きくて立派なミシンでも、修理費用はあまり差がないそうです。
分解調整で1万五千円前後、部品交換が加わるとプラス数千円~・・・というかんじでしょうか?
(あくまで調べた相場の印象なので、詳しくはメーカー、またはミシン専門の修理屋さんにお尋ねくださいね)
購入したお店で修理を頼む場合でも、メーカーや専門の修理やさんに依頼することがほとんど
だそうですよ。




そして、ミシンを求める旅が始まったのでありました。
長くなるので、次に続く・・・・・
タグ:ミシン購入
ミシン購入記 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。